1-3

1/5
132人が本棚に入れています
本棚に追加
/267

1-3

エメラルドロッジの回廊に、複数の足音が響く。 白黒のオズの住まうロッジは回廊の灯りすらエメラルド色だった。 不思議な炎が揺らぎ、床にドロシー達の影を映す。 (どこもかしこも、無駄に豪華で落ち着かないな) 銀の靴をエメラルドの床に打ちつける度、ひやひやする。 そんな貧乏性な自分に嫌気がさしていると、前を歩いていた藁頭の男が言った。 「……さあ、ここがこれからお嬢が暮らす部屋ですよ」 「お嬢って言うな」 「じゃあ、奥様こちらですよ~」 ひょうひょうと言う藁男に、怒る気力も失せてくる。 ドロシーは藁男に促され、開いたドアから部屋へ入った。 「――なんじゃ、こりゃ」 目の前の光景にドロシーは立ちすくんだ。
/267

最初のコメントを投稿しよう!