エピローグ

12/12
131人が本棚に入れています
本棚に追加
/267ページ
「お帰り、ドロシー。さあ、お家に帰ろう」 ウィリアムはパチンと指を鳴らした。 現れたのは銀色の靴だ。 (そうか――この言葉が私はずっと欲しかったんだ) 握った手のひらよりも、涙の伝う頬よりも温かいその言葉をドロシーは噛みしめる。 震えるほどの幸せが全身を駆け巡り、血液が心臓から押し出されるのが分かった。 ドロシーは銀色の靴を履き、ウィリアムを見上げた。 「ただいま」 その言葉を紡ぎだした瞬間、ドロシーたちを渦巻く突風が包み込んだ。 巨大な竜巻に舞い上げられ、向かうのはエメラルド色の世界だ。 生まれて初めて生きていると感じた場所へ、ドロシーは帰って行った。
/267ページ

最初のコメントを投稿しよう!