小さなプレゼント

1/8
32人が本棚に入れています
本棚に追加
/40

小さなプレゼント

「いやぁ、まいったな」 秋哉は頭をかきながらダイニングの椅子に座り、カズエが作ったハンバーグを一口食べては、 「ウメェ!」 と大げさに声をあげている。 カズエはそんな秋哉を横目で見て、 「はぁーっ」 大きなため息をついた。 女は来生家の次兄、夏樹のストーカーだった。 ホストクラブで出会った夏樹に会うために、クリスマスイブの今日、家まで押し掛けてきたらしい。 玄関の鍵は、開いていたそうだ。 確か、最後に家を出て行ったのは春一と鈴音だ。 「スズネのヤツ、鍵を忘れやがって」 秋哉はさもありなんとうなずくが、それにしてもうっかりしすぎだろう。 鈴音もそうだが、あのしっかりした春一にしては、ありえない失態。 久しぶりのデートだというから、浮足だってでもいたのか? 19時には帰れとカズエに念を押す真面目な保護者だから、それは、高校生の男女を家にふたりきりにする時の、春一なりの規制だったのかもしれない。 だけどこの機会だから認識してもらいたい。 秋哉よりも、世間で平凡な顔をしている普通の人の方が、よほど危ないということを。 女は、 「ナツキがいないなら用はないわ。サヨナラ」 と言い捨て、さっさと帰っていった。 「ちょっ待ちなさいよ、ふざけないで!」 カズエが引き止めようとするのを、秋哉は首を振って止める。 「別にいーよ、何もなかったんだから」 家主の秋哉が言うのなら、それ以上はどうしようもない。 その代わり秋哉は、 「ナツキのヤロー、後でこっぴどく叱ってやる」 と張り切っていた。 交友関係の過ちは、各々に責任をとらせる。 来生家らしい考え方だ。
/40

最初のコメントを投稿しよう!