パーティ準備

1/11
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/40

パーティ準備

カズエは来生家のキッチンに立ち、ボールに入った挽肉をこねている。 ふと、コショウを入れ忘れたことを思い出し、 「アキー、ここにコショウかけてよ」 声をあげれば、 「おお、どこだ?」 秋哉がヒョコヒョコやってきて、 「どんくらい?」 と頭をのぞかせる。 その顔の近さに少しドキリとして、 「パッパでいいよ、パッパで。適量っていうでしょう」 照れたのをごまかすために、ぶっきらぼうに言った。 「んだよ、いい加減だなー」 ブツブツいう秋哉を尻目に、ふと横を見れば、秋哉がテーブルで作っていたハタが目に入る。 つい、 「あたしはモミの木を作ってって言ったのに、何でハタになってんの?」 モミの木をお願いしたはずなのに、お子様ランチの上に飾るようなハタになっている。 何がどうなってそうなったのか。 すると秋哉は、 「どっちでもいいじゃん。別に食うわけじゃないんだし」 言い訳しながら力任せにコショウの瓶を振って、 「ぶぇっくしょん、くしょん」 盛大なくしゃみなんか始める。 「……ああもう、汚ったないなぁ」 カズエは文句を口にして、挽肉の入ったボウルを脇に抱えるようにして唾を避けた。 不自然にならずに、目を逸らせられただろうか。
/40

最初のコメントを投稿しよう!