賽の目の龍(ダイス・ドラゴン)の物語

”白銀時代”、運と不運を支配する小神格の始まりを語る、悲恋の神話。

9 1,430

5分 (2,414文字)
ある作品の挿話です。やはり設定資料の一部ですが、もう少し膨らませてみたいとも思っています。

あらすじ

”白銀時代”、運と不運を司るダイス・ドラゴンの始まりの物語です。 白耀龍と黒耀龍の悲恋の話ですが、基本プロットのみに近い形となっています。 いずれ、散文詩か短編に仕立てたいと思います(いつになるか……

シリーズタグ

感想・レビュー 1

とても壮大なストーリーの幕開け、という感じです! 執筆力もあり、長編を読むのが楽しみです! スターありがとうございます! 僕も、応援しています!

この作者の作品

もっと見る