賽の目の龍(ダイス・ドラゴン)の物語

”白銀時代”、運と不運を支配する小神格の始まりを語る、悲恋の神話。

5分 (2,414文字)
ある作品の挿話です。やはり設定資料の一部ですが、もう少し膨らませてみたいとも思っています。
あらすじ
感想・レビュー 1
その他情報

公開日:2018/12/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る