初めてのお仕事

1/10
695人が本棚に入れています
本棚に追加
/479

初めてのお仕事

翌朝 私は一足先に出社し いつものように給湯室でお湯を沸かしていた。 朝、朝礼が始まる前に営業の人にお茶を配るのが日課。 特に決められた事でもないけど なんとなく私の仕事になってる。 『ふぁあぁ…』 『あ、のじ。おはよう。』 『さ、坂井さん!』 うわぁ……本気のあくび見られた……… 『昨日、残業してたよね?お疲れ様。』 『いえ。今までずっと定時でなんか心苦しかったし。ようやく仕事してるって感じです!』 『偉いなぁ……それにしても……匂うね。』 『えっ?私ですか?』 がーんッ……… お風呂はちゃんと入ってるのに…… 『あはは、違うよ。先方だよ。 いくらなんでも仕様変更5回は多すぎる。』 『え?そうなんですか?』 『先方の嫌がらせじゃない?』 『えッ……そんなくだらないことしますか?』 『わかんないよ~? 先方はコンペの時と担当変わったらしいから。』 『そうなんですか?』 長峰さんは何も教えてくれないから初耳。 『担当、女性らしいよ。』 『あー……』 なんか、めんどくさい事になってる予感。
/479

最初のコメントを投稿しよう!