first moon

4/17
48人が本棚に入れています
本棚に追加
/113ページ
「…彩花かよ!危ねえなあ、ちゃんと前を見ろ!」 「痛たた…なーんだ、那由多か…」 「なーんだってなんだよ」 那由多が、朝から不機嫌そうに、私を睨む。 いつもはこんな感じじゃないのになぁ。 「朔かと思った?」 「朔だと思った!!てゆか、朔がよかった!!」 「ざーんねーんでーしたー。朔さんは朝練ですよー。」 「知ってるし!」 もう。 なんで、今日はこんなに意地悪なの? 意味が分からない。 那由多とは、幼なじみ。 小さい頃からよく遊んでいて、たぶん、男子の中では一番気を許せる。 そして、朔というのは…。
/113ページ

最初のコメントを投稿しよう!