脇役

1/42
2384人が本棚に入れています
本棚に追加
/318ページ

脇役

思えば子供のころから、不満を抱いていたように思う。 要領が良くて、華がある妹。 彼女を見た大人は、たいてい笑顔になる。 『まあ、なんて愛らしいお嬢ちゃん』 直後に、後ろに張り付いている私を見つけて目を泳がせる。 『……控えめな……そうね、奥ゆかしいお嬢ちゃん』 〝控えめ、奥ゆかしい〟 それらが誉め言葉なのかどうかは知らなかった。 けれども私の存在が、目の前の大人を困惑させていることくらいは分かった。
/318ページ

最初のコメントを投稿しよう!