ラムネ

5/7
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
顔をあげると、母ちゃんの向こうに兄ちゃんが立っていた。 体の脇に握りしめたげんこつが怒りでぷるぷる震えていた。 「にいちゃん・・。」 「ちー。まっとけ。にいちゃんがそいつぶんなぐってやる!」 「こらっ!ケンジ!やめんさい! そんな図体のでかい奴が小学生殴るとどうなるか、わかっとるだろうねっ!」 いつもは静かなかあちゃんが、大きな声で叫んだ。 その迫力に兄ちゃんの足が止まる。 かあちゃんはちーの顔を両手で挟んで、にっこりした。 「おなごがこんなことで泣くこたぁない。 ちーがおっきくなっておかあさんになったら、 もっともっとがんばらにゃならんことたくさんあるからね?」 にいちゃんがどかどかと足音を立てて、ちーのそばに立って 両足をふんばってとても怖い顔をして見下ろした。 「ちーは可愛い女の子だ!誰が何と言おうと、俺はそう思う!」 かあちゃんがあきれたようににいちゃんを見上げたが やがて声を立てて笑い出した。 「そうだそうだ。ちーは可愛い女の子だよ。」 にいちゃんにぶたれるかと思ったのに、 ちーはかあちゃんと一緒につられて笑ってしまった。 涙と鼻水を垂らしながら、きっと今全然可愛くないだろうなぁと思いながら。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!