3咬み目

1/3
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/30

3咬み目

なんとなく予感はしていたんだ。今日もまた…って。 「なんだ、今日は驚かないのか?」 「なんとなくだけど、予感が当たった。」 「そうかそうか、優牙もオレに会いたかったのだな。」 いそいそと嬉しそうに俺の服を脱がしにかかるジン。毎回思っていたのだが、自分だけ脱がされるのは癪だ。どうせ夢なら自分の好きなようにしてやる。 「待て、お前も脱げ。」 「ん?」 「俺だけ裸なんていくら夢でも嫌だ。お前も脱ぐなら許してやる。」 「愛しいな、そんな要求ならいくらでも聞いてやろう。」 やはり、というべきか。この間渡辺さんにジンのシャワーシーンを見せられたせいでしっかり腹筋やら背筋を見た俺は、夢の中でもそれを見事に再現していた。 ぺたぺたと触ってみる。感触もリアルだ。俺の薄い腹筋と違って、しっかりと厚い筋肉が感じられる。試しに指でつついてみると固く締まっていた。 「なんだか今日の優牙はやけに積極的だな、嬉しいぞ。なぁ、優牙今日は少しだけ進んでみないか?」 「先に?」 本当に嬉しそうにほほ笑むジンは、その長い指をそっと俺の唇に這わせる。その仕草で感ずいてしまった。 「まさか…」 「少しでいい。本当に無理なら途中でやめて構わない。この愛らしい唇で、オレを咥えてくれないか?」 正直、嫌だ。いくら夢でも男のモノを咥えるなんて。でもそれをジンはしてくれたんだよな。
/30

最初のコメントを投稿しよう!