ココロやさしい男友だち
全1/1エピソード・完結
1/2

ココロやさしい男友だち

彼はアッちゃん 小学校四年の時にうちのクラスに転校して来ました おとなしい子でしたが当時から奉仕の心を持って いるなと思っていました 男子なのに掃除の時間はサボることなくせっせとやってくれました 学期の最終日近くになると当時はクラスで お楽しみ会と題して班別に劇やコントなどを見せるというのがありました その時も椅子をササっとならべ、家からお菓子を持ってきて、みんなに 配ったりしていました それから大人になり、アッちゃんが選んだ仕事は 看護士さんでした 当時は男性の看護をする人を看護士と呼び 女性は看護婦と呼んでいたと思います 天職だと私は思いました
1/2

最初のコメントを投稿しよう!