第5話

1/15
320人が本棚に入れています
本棚に追加
/137

第5話

「あ、ああっ……! あ、ぁああッ……!」  シーツを握りしめ、いやいやするように髪を振り乱す。  本当は気持ちいいくせに、無意識にそういう行動をしてしまうのだろう。白い喉を天に向けて反らし、全身を戦慄かせ、胎がうねる。  先程までゆっくりと抽挿をしていた腰は止まり、最奥にキスをしたまま、内壁はきゅうきゅうと締めつけてきた。 「っく……」 「あぅ……も、っと、あ、あっ」  十分に刺激は与えているのに、まだ物足りないというのか。  それなら、嫌というほど天国を見せてやろうと、昂は掌を思い切り高速で擦りあげた。ぐちゅ、くちゅ、と激しく水音を立て、亀頭を苛め抜く。 「い、あ、あっ――、あ、あっ――……!」 「いいか?」 「ん、んあ、ああっ!」 「はは、なか、すっげーうねってる。……こっちも、びくびくして嬉しそうだな」  は、は、と息が乱れる。  魅せられている姿に、酷く興奮している自分がいる。 「か、っは、……ぁああっ、あ、あっ、く、る……くりゅッ……!」 「出るか?」 「あうっ……あ、ああっ、あっ……ひ、う……あ――――ッ!」  ――ぷしゃ。  掌から溢れる尿ではない、透明な液体。 「っ、……は、……くっ……」     
/137

最初のコメントを投稿しよう!