過去の鎖を千切り行く

鬼祓いシリーズ2作目です

41 247

BL 連載中 過激表現
3時間27分 (123,606文字)

あらすじ

鷹智家の嫡男政暁の懐刀となった紅原時雨。懐刀となったはいいが、時雨には決して主に言えない過去があった。梅雨も過ぎた頃、時雨は過去に向き合うこととなる。ちょうど城下では祭りの時期が迫り、政暁は時雨を祭り

サブジャンル

タグは登録されていません

その他のキーワード

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/1/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る