新生活

14/20
1622人が本棚に入れています
本棚に追加
/429ページ
適当にごまかそうとすると、お節介しょうちゃんが 「同い年のイケメンエリート彼氏がいるんだよなー」 と、勝手に説明し始めた。 しょうちゃんはなぜかいつもユウキを『イケメンエリート』とふざけて呼んでいた。 前に飲み会で私がイケメンだとのろけたかららしい。 言った記憶はないけど、よく覚えてるなーと感心する。 すると間髪いれずマイさんが 「遠距離になって彼氏さみしいんじゃない? 行くなよ!って引き止められなかったの~?」 と、無邪気な笑顔で痛いところを突いてきた。 「全然引き止められませんでしたよ。 私の話なんかよりマイさんはどうなんですか?彼氏いますよねー?」 マイさんは女の私が見惚れてしまうほどの美人。 これだけキレイなんだもん。絶対彼氏がいるはず! 「ふふふ、ナイショ~」 「え~内緒なんてずるーい!ねえ、しょうちゃんは知らないのー?」 しょうちゃんに話を振ると 「知らねーよ!」 と、何故か歯切れが悪く「余計な事を聞くな」と言わんばかりの顔をするし、マイさんも結局それ以上教えてくれず。 その後、マイさんの「カレの写真見せてー」から始まった質問責めを一生懸命かわしつつ桜井くん達に彼女話を振ってみたけど、みんな 『募集中 』だそう。 私は自分の恋愛話をするのはあまり得意じゃないけれど、マイさんの話術に乗せられ、結局アレコレと話してしまった。 楽しい時間はあっという間に過ぎお開きになってお店を出るとなぜか田中さんが立っていて、ほろ酔いをちょっと超え足元がおぼつかないマイさんを連れて帰った。 さすがは美男美女。 酔っ払っていても絵になる。 そのふたりの後ろ姿に “あ…そういうことなんだな” と察した。
/429ページ

最初のコメントを投稿しよう!