§1

1/7
153人が本棚に入れています
本棚に追加
/82

§1

 使い捨ての招き猫、なんてものがもし存在していたとすれば、自分はその生まれ変わりだろうかと思うことがある。  店が流行って不要になったら捨てられる。それか、こちらの意思で立ち去る。正直、どちらでもよかった。自分の知識と能力が有効に使われる限りは働くし、それが受け入れられないなら袂を分かつまでだ。  ただ、雇われる前に辞めたいと思った店はこれが初めてだ。 「藤倉雫(ふじくらしずく)、か。藤倉っていえば、かつて一世を風靡したグルメライターがいたな」  いきなりどう相槌を打ったものかと悩むが、相手は雫の履歴書に目を落としたままだ。 「二十五歳にしてはずいぶんと飲食店での経験が豊富じゃないか」  男は、このワインバー「夜の猫」を経営する片瀬犀利(かたせさいり)と名乗った。  巷にちょっといないくらいの、迫力満点のいい男だ。バーのフロアの椅子の上で長い脚を悠然と組む姿が、怖いくらい様になる。  一目でオーダーメイドとわかるスリーピーススーツ。ノーズの長いイタリアンスタイルの靴。乗用車の一台くらい買えてしまいそうなクロコダイルレザーベルトの腕時計。     
/82

最初のコメントを投稿しよう!