部長と私★

1/32
10083人が本棚に入れています
本棚に追加
/357ページ

部長と私★

「どういうことですかッ!」 企画書を部長のデスクに叩きつける。こっちは怒り心頭で怒鳴っているのに、目の前の男は涼しい顔でパソコンのキーボードを叩いていた。 「この企画、ほぼ通ってるって仰ってましたよね?何で落とされたんですか?」 「…」 「聞いてます?(たつみ)部長!」 「…聞いてるよ、少し黙って、」 それでも彼は画面から目を離さなかった。腕を組んで、返事を待つ。 彼は、(たつみ) 静佳(しずか)。私が勤めるイベント企画会社の、営業企画部の部長だ。その無駄のない仕事ぶりに、社内外から一目置かれている。だけど、私からすれば目の上のタンコブ。いつも、私の血と汗と涙の結晶である渾身の企画を、眉1つ動かさずに却下する。ちなみに今も、化粧品のPRイベントの企画がボツにされたところだ。 ちなみに私、佐倉(さくら) みのりは、26歳にして営業企画部の主任。自分で言うのも何だけど、若手のホープだ。同期の中でも役職があるのは私だけ。私が出した企画はクライアントにも喜ばれ、私指名の仕事が舞い込むこともしばしば。 なのに、この目の前の男は、やっとパソコンから目を離して言い放った。 「俺は、ほぼ、って言ったんだけど、」 「…は?」 「ほぼ、通ってるって言ったんだ。それで勝手に油断して、最後まで企画を詰めなかったのは君だろ?」 「なっ…」 「さあ、佐倉。この企画がボツになったのは誰の責任?俺?それとも君?」 「~~~…!」 叩き付けた企画書を回収して、席に戻る。彼はまた無言でパソコンに視線を戻した。
/357ページ

最初のコメントを投稿しよう!