愛の夢

1/1
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/26
リビングに明るい日が差し込む中、白いレースのカーテンがふわりと揺れる。 沖島はその様子を見つめて、口元に小さな笑みを浮かべた。 ゆっくりとピアノに歩み寄り、その前に座る。それから天井を見つめた。 閑静な住宅街には何の音もしなかった。目を閉じた沖島の唇が、音を出すことなく微かに動く。 彼の中に音楽が流れ出した。 たくさんの曲を弾いてきたその指が。 右の小指が鍵盤に落ちて、トーンと優しい音を奏でる。 ドビュッシー。「亜麻色の髪の乙女」。 ゆったりした、柔らかい、ポロンポロンとした丸い音が長く伸びたり、転がったりしながら部屋を暖かく満たしていった。
/26

最初のコメントを投稿しよう!