インターミッション1

1/3
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/69

インターミッション1

俺の名は俊助。 あの日、俺はイライラしていた。 前日に彼女に別れを告げられ、仲間と共に僧ヶ岳市商店街に足を運んだ。 そこで見つけたショートカットの女性。 はっきり言って別れた彼女よりもキレイだ。 「お、あいつをナンパしますか?」 ナンパか……でも、失敗すれば、フラれたときの傷でもう立ち直れないかもしれない。 俺は、けっこう繊細なんだよ。 「あ、でも男連れですね?」 ほら、もう傷付いた。 「どうします?男ボコボコにして、強引に奪っちゃいます?」 なるほど、そんな手は思いつかなかった。 「よし、じゃあ、それで。」 「ちょうど店に入っていきましたね。」 「チャンスじゃないですか。店の前で待ちましょう。」 俺たちは、店の前まで移動した。 「いいですか、まずは男にぶつかるんです。」 「そうです。そこから謝ってきたとしても「てめえ、何だ、その態度は?」で押し通して、殴りかかるんです。」 「で、残った女性を連れ去っていく。」 「ね、完璧でしょう?」 完璧だ。完璧な作戦だ。 配役がまだよくわからないが、コイツらが言うんだから、完璧な作戦なんだろう。 そんなことを聞きながら待っていると、誰かが背中に当たった。 振り向くと、あの女性だった。 「あ、すいません。」と謝ってきたので、俺は「てめえ、何だ、その態度は?」と言い、胸ぐらを掴んだ。 仲間たちが慌てはじめ、「違います。」「殴るのは男の方です。」と小声で言っている。 なるほど、そういう作戦だったのか。 すると、女性が「きゃ~!」と声をあげ、男が「やめてあげてください。」と割り込んできた。 「チャンスです。軌道修正しましょう。」 軌道修正?軌道修正か……とりあえず、店の前で待つところからやり直せばいいのかな? しゃがみこもうとしたとき、男の顔を見て「ん?お前、どっかで見たな。」。 どこかで見た事がある顔だと思った。 「あ!こいつ、アレですよ高等部にいたすごく運がいいやつ。」 なるほど、後輩か。しかも、いいやつなのか。
/69

最初のコメントを投稿しよう!