第2話:入れ替わり→女装

1/8
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/69

第2話:入れ替わり→女装

私の名は、鮫島カヤ。 私の祖母は、魔法学校の校長をしている。 祖母は、日本で最高位の魔女らしく、私も魔力は受け継いでいるが、魔法学校には通っていない。 あの魔法学校は、魔法で悪さをした人間を入れる更正施設だから。 でも、私はどうしても、その魔法学校に通いたい。 中学生のとき、私はある男子に助けられた。 その男子の名は、柳本アキラ。 ナイフを持つその相手に、魔法も使わず、素手で倒したアキラくんを、私は運命の人だと感じた。 まあ、そのアキラくんが、魔法学校にいるってことは、 もしかしたら、あのとき何かしらの魔法が使われていたのかもしれないけど、 そんなこと今となってはどうでもいい。 私は、アキラくんのいる学校に通いたい。 祖母に頼みこみ、転入手続きをした矢先、事件は起きた。 「アキラくんの近くにいたい」という思いが暴走したのか、私の姿はアキラくんの友達の姿になっていた。 えっと、その友達の名前はたしか、入鹿タケルくん……だったかな? 祖母に確認すると、そのタケルくん?タケシくん?は、私の姿で学校に通い始めたらしい。 私は、男子として転入させるように祖母に頼んだが、 今は他にも二人の転入生がいるようで、そんな手続きをすればかなり時間がかかるらしく、 また、このまま男子として転入してしまえば、私が入れ替わりの魔法を暴走したことがわかるため、 女装して、女子として転入することに決まった。
/69

最初のコメントを投稿しよう!