先生の指

いつしか特別な存在になった、その人は、どこか懐かしかった。

1 4

13分 (7,490文字)
爽やかな笑顔の男性の優しい声をご想像しながら、お読み下さい。最後には暖かい気分になって頂ければ有難いです。

あらすじ

女性は、いくつもの失恋を経て、その男性に巡り逢いました。 暖かな爽やかな笑顔のもつその男性は、女性を包み込むように接するのですが、時々、不思議な事を言いました。 また、女性は、その男性の綺麗な指先にあ

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/1/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る