癒えぬ痛み

1/13
87人が本棚に入れています
本棚に追加
/46

癒えぬ痛み

七月二十九日、午後六時四十八分。 あの夏、見慣れた町並みや普通の日常が、一瞬にして奪われてしまった。 ・ ・ 「黙祷(もくとう)」 三年前の夏の日と、同時刻。 防災スピーカーから響いてきた声に両手を合わせると、そっと目を閉じた私は心の中で語りかけた。 ねぇ、海斗。 元気ですか? 海斗のいる場所も夏ですか? 蒸し暑いですか?肌は灼けましたか? ブルーハワイのかき氷は食べた? 海斗、この町が見えていますか? 少しずつ戻っていく町並みの中、私はなんとか生きています。
/46

最初のコメントを投稿しよう!