小夜と珈琲

僕たちはきっと、珈琲カップの底にいる。

17 279

恋愛 完結
28分 (16,616文字)

あらすじ

山小屋で働く青年が、夜の山で 大切な人と珈琲を飲むだけのお話です。 恋愛タグにしましたが、恋愛とは違うのかも。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/1/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る