看取りの医者は、一人で旅立つ患者に愛を教わる

孤独死は世界でいちばん美しい死だ

29 26

47分 (27,805文字)
孤独死は世界でいちばん〝美しい死〟だ。

あらすじ

物語の舞台は古都・鎌倉。水崎裕紀は、他の医者が嫌がる身寄りのない〝無縁の患者〟ばかりを訪問診療する医師だった。ドライ、金目当て、死神、と同業者に陰口を叩かれながらも、患者たちからの信頼は厚い。看護師の

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る