朝日の昇らない砂漠で

朝日が昇らない冷たい砂漠に、一人の娘が暮らしていました。

5 59

7分 (3,776文字)
約4000字の童話短編。朝日の昇らない砂漠を訪れる者は、みな死んでしまうはずだった。
あらすじ
シリーズタグ
目次 1エピソード
感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日:2019/1/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る