1、ひろう

1/4
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/15

1、ひろう

 例えばすぐ隣に人が立っていて、「やぁ」と声をかけてくる。その声さえ聞こえないし人がいることすら気づかない。それぐらい激しい豪雨だった。 夏服にかわったばかりの制服のスカートが濡れて、じわじわと体温を吸い取っていく。傘は持っていたが、ダンボール箱を抱えていたせいで上手く差せなかった。手がかじかんで指先に力が入らないが、この箱だけは落としてはいけない。それだけを考えて家路を急いだ。  一戸建ての我が家までたどり着き、玄関の鍵を開けようとする。しかし中身のわりに大きなダンボール箱が邪魔で上手くいかない。  衝撃を与えないようにゆっくりと床に箱を置き、急いで鍵を開ける。  リビングの床にダンボール箱を下ろし、閉じていたフタをおそるおそる開く。それは箱の真ん中で丸まっていた。  拾ってしまったのだ。子猫を。  それは通っている高校からの帰り道だった。雨は降っていたが、まだ小雨だった。  「ミィ」と鳴き声が聞こえた。初めのうちは気のせいだと思ったが何度も聞こえたので、辺りを見回し、耳をすました。雑草の生い茂る道路わきから聞こえていた。  そこにはフタを閉められたダンボール箱が隠れるように置かれていた。     
/15

最初のコメントを投稿しよう!