守り刀と対魔師の日常

1/17
48人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ

守り刀と対魔師の日常

「目覚めよ」  声が聞こえる。男の声だ。  どこか聞き覚えのある声だった。遠い昔に聞いたような気がする。 「目覚めよ、今剣」  私を呼ぶのは懐かしくて心地よくて、少し悲しい響き。私の耳をくすぐり、遥か彼方に置いてきてしまった記憶を呼び起こす。 「……の名において命ずる。目覚めよ」  でもちょっとうるさいわねぇ。  私はまだ目覚めたくはない。この深い眠りの中をたゆたっていたい。 「目覚めよ、我が守り刀!」  ああもう。あと少しでいいから。そう、具体的には――。
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!