第五章

1/13
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/109

第五章

 その日の夜、老舗の名店『アルトと森と湖』は貸し切りとなっていた。  冒険者ギルドの受付は通常通り解放していたが、酒場に繋がる入口は閉じられ、外の扉には貸し切りの札がかけられている。 「皆さんには本当にご迷惑をお掛けしました」  金髪のツインテールの女性は座ったままテーブルの前で深く頭を下げた。  この店に時々働きに来るだけだが、看板娘としての人気を持つ女性。しかしその正体はアイナ王女その人である。  その事を知っているのは、同じテーブルについているギルドのオーナーとデル、そしていつものカウンターに座るギュードの3人のみ。 「成程………王女様は見かけによらず、面白いことをするのね」  何度か見た覚えがあったと、フォースィもデル達と同じテーブルで口元に手を当て頬を持ち上げる。 「そして………こっちの騎士のお嬢さんが、タイサを追い出したバイオレットね」  表情を変えた上で、フォースィはわざとらしく嫌味な言葉を用いた。フォースィの正面、変装したアイナ王女の横に座るバイオレットは騎士の鎧ではなく、ズボンをはき、体を締めるような服と上着で貴族とまでは見られないが、上品な家庭の身なりでこの場に座っている。  バイオレットは彼女の言葉を受け止めつつも、やり場のない視線を静かに泳がせていた。 「おい、フォースィ」「いいんです。彼女の言葉は事実ですので」  デルが声をかけたが、逆にバイオレットはそれを静止させる。 「家のためとはいえ、私は隊長の動きを彼に報告し、結果として隊長を追放することに加担しました………後悔はしていませんが、自分のしたことが恥ずべきことだったことは分かっています」 「だが、彼女のお陰でイーチャウを弾劾できたのは事実だ」  親友を陥れられたデルも複雑な気持ちだったが、彼女が会議で見せた表情や言葉、イーチャウへの反感の気持ちは本物だと周囲に理解を求めた。
/109

最初のコメントを投稿しよう!