序章

1/3
160人が本棚に入れています
本棚に追加
/88ページ

序章

 アメリカ西海岸有数の世界都市ワシントン州シアトルは、比較的過ごしすい地域として有名だ。  しかし、実際には秋から春にかけた長い期間が雨季である。雨季といっても強い雨が集中して降るのではなく、ほぼ毎日が小雨や曇天で、極端に日照時間が少なくなるといった具合なのだ。  4月が始まったばかりの今日は、珍しく晴天だった。    月に数日しか拝めない太陽が燦々と降り注ぐ日曜の朝、気持ちまで晴れ晴れする。  休日にもかかわらず早くから起き出したジーナも、家中のあらゆる窓を全開にしていた。  久し振りの晴天がもたらしてくれる恩恵を最大限に享受しようと、家中に爽やかな風を通してやりながら、シーツやバスマットなど大物の洗濯や、あらゆる箇所の掃除に大忙しだ。  一方、新しい住人が今日やって来ると聞いているので、ソワソワしながら彼らの到着を心待ちにしていた――  日本人の父子だと聞いている。  予め入手している情報はここまで。  いまどきプライバシーの守秘は常識だし、ジーナだってそんなことは(はな)から心得ている。  知りたいことは正攻法で尋ねるのが一番だということも、長い人生経験の中で充分に学んでいる。
/88ページ

最初のコメントを投稿しよう!