進むべき道

1/13
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/103

進むべき道

 夢湯治は、夏や秋は休まず営業することもあったが、基本的に毎週火曜日が定休日だった。  次の火曜日、隆史は1人、夢湯治の温泉に入った。  夢湯治には4つの温泉がある。  1つは『春桜』  扉を開けると15名ほどが入れる、天然の岩で囲まれた湯場がある。  洗い場を通ると天然の岩でこしらえた階段を2段下りて、湯に浸かる。  大きな窓からは鶴由岳が一望できる。  2つ目は『秋月』  こちらも15名ほどが入れる大衆浴場で、檜で囲まれた湯場が左右に2つある。  周りには洗い場があり、ゆったりとした空間を味わえる。  『春桜』と『秋月』はどちらも大衆浴場で、月ごとに男湯と女湯を入れ替えていた。  あとの2つは『夏時鳥』と『冬暖』  こちらはどちらも家族風呂で、『夏時鳥』は岩風呂、『冬暖』は檜風呂で、5~6名入れる広さを有していた。  その日、隆史は1人で『夏時鳥』に入った。  そして、父から言われたことを思い返していた。
/103

最初のコメントを投稿しよう!