父 清隆

1/4
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/103

父 清隆

 清隆は、厳格な父親だった。  温泉場『夢湯治』の二代目として、祖父の意思を受け継ぎ、たくさんの人によい一日の終わりを届けようと、毎日隈無く敷地内を見て回った。  そして、ことあるごとに隆史を呼んでは言った。 「いいか、隆史。  俺たちは温泉屋だ。 温泉屋の使命は、お客さんたちの笑顔だ。    『あー今日も一日、よー働いたー!えぇ一日やったー!』って  一日を満足してもらえること、そして明日への力を蓄えてもらうことだ。  ええな」 「うん。分かった」 「違う!『はい。分かりました』だ!」  清隆は笑いながら、幼い隆史の頭を激しく撫でた。  隆史は小言を言われながらも、その言葉を何回も聞かされて育った。  良い一日を届ける…。明日への力を養ってもらう…。  それが自分に与えられた役割ということを、隆史は知らず知らずのうちに心に焼き付けられていた。
/103

最初のコメントを投稿しよう!