半 生①

1/4
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/103

半 生①

「今年の夏は特別暑かったですからね。  夏の疲れが溜まったのでしょう。  なに、すぐ元気になります」  病院のベッドに横たわったまま、源治は言った。  心配して駆け付けた隆史と智美は話を聞きながら思った。 『痩せた…』  源治が重病にかかっていたのは分かっていたし、忘れたことなどなかったが、あまりに元気に働いていたから、心配は日に日に薄らいでいた。  痩せてきたのはこの猛暑のせいとも思ったが、改めてこう対面すると、如実に痩せていた。    病室を後にして、隆史は智美に言った。 「母さん…源治さんにはもう無理はさせられない…」 「…そうね」  智美は涙ぐんでいた。  もう復活はないかもしれない…  隆史は直感でそう思った。  夏の日差しは容赦なく、二人に照りつけていた。
/103

最初のコメントを投稿しよう!