3
全5/51エピソード・完結
29/82

3

 後藤の店にあるのは、海外から集めたビンテージの雑貨と、メンズ、ウィメンズの服とアクセサリーだ。デザイン性は優れているが、それなりに値段が張る。品質はそこまで良くないのに。  彩人は片付けを始めた。養生シートを巻いてトートバッグに戻す。 「じゃあ今度、飲みに行こうぜ。積もる話もあるしさ。中山たちも呼んで」  ――中山。  その名前を聞いたとたん、首に嫌な汗が浮いた。 「中山とはそんな仲良くないし。ずっと連絡取ってないんだ」  彩人はさっさと片付けを終え、デイバッグを背負った。ここに長居する時間はなかった。 「え? そうなの? お前ら大学も同じだったじゃん」  ――だから会いたくないんだよ。 「この後用事があるから帰るな」  一方的に言って、彩人は後藤に背を向けた。 「どこ行くんだ? この後」  不満そうな後藤の声に、彩人は振り返ることなく答えた。 「上野動物園」
29/82