社畜の彼

3/5
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ
 約1ヶ月ぶりになる今日のデートを、俺自身楽しみにしていた筈なのに。昨日、休日出勤までして今日を完全な休みにして、久々のデートを楽しむつもりだったのに。休日なのに会社に行こうとするし、昨日まで覚えていたデートも忘れるし。自分に嫌気が差してくる。  切られた電話にかけ直しても、出てくれるか分からない。とりあえず、言い訳しかないラインのメッセージを送る。すぐに既読になったけれど、やっぱり返事はない。  大学で知り合って、2年の時から付き合い始めてもうすぐ4年。ほぼ毎日会えた学生時代と違って、社会に出てからは会えない日が多くなった。特に最近は、ろくに連絡も取り合えていない。 「寝よ…」  彼女が大好きなのは変わりない。それどころか、志望の会社で忙しいながらもいきいきと働く彼女を、俺はますます好きになった。彼女に負けじと、俺も仕事に精を出した結果がこれか。  三度布団に潜り込み、せめて夢の中でも彼女に会えればと目を瞑る。  このまま別れることになったらどうしよう…。  頭を占めるネガティブ思考は、眠ることすら許してくれなかった。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!