【After Story】残照

40/59
419人が本棚に入れています
本棚に追加
/233ページ
 その日俺は帰りが遅くて、泰輔は翌朝早くから出掛ける予定があった。だけど、ひどく真面目な顔で俺を待っていて、週刊誌の記事は事実無根だと訴えてきた。  仕事の延長の席だったこと、複数だったことを説明された俺は、確か――。 『ふーん、そうなんだ。有名税ってやつだな』  そんなようなセリフで答えて、「また下田たちが大はしゃぎしそう」と笑った記憶がある。 「疑われてないんだとわかったら、ほっとしたけど……すぐにまた怖くなった」 「え、なんで?」  泰輔はすぐには答えなかった。十秒くらい迷う素振りを見せたあと、とてつもなく言いづらそうに切り出した。 「……そもそも佑輝は、俺に大して興味がないのかもしれないと思ったからだ。俺が誰と交流を持とうがどうでもいいのかもしれないと……」  あまりにもネガティブ過ぎではないだろうか。  強張った横顔をぽかんと見つめていると、泰輔が慌てて付け足す。
/233ページ

最初のコメントを投稿しよう!