デジャヴ

1/6
577人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ

デジャヴ

春休みが始まって直ぐのあの日、俺は図書館からの帰り道を歩いていた。今日は天気もいいし気温も丁度いい。そんなウキウキした気分でゆったり歩いていたその時である。 「やめて下さいっ!」 閉館までたっぷり5時間半、心置き無く書物を読み漁って上機嫌な俺の耳に、緊迫した叫び声が届いた。 「何だ……?」 悲鳴は前方の路地の辺りから聞こえてきたらしい。通りすがりにひょいと覗いてみる。 「げ」 直後、激しく後悔した。 カツアゲだ。 「お前、霧ヶ丘学園のヤツだろ?」 「お坊ちゃんなんだから金持ってるよなァ?」 「ちぃーっとオレらに貸してくれよ」 不良らしい3人組に絡まれているのは、霧ヶ丘学園の制服姿の小柄な少年。ガタイのいい3人に殴られでもすればひとたまりもないだろう。 「だからっ……お金は、持ってません……!」 「ああ? 嘘ついてんじゃねーぞ」 「調子に乗んなよ中坊がよォ」 ジリジリと壁際に追い詰められる少年は、怯えた表情で震えている。彼がこの状況から自力で脱け出すのは不可能に近かった。 どうする。助けるか、関係ないと見過ごすか。 モヒカン頭が少年の胸倉を掴んだ。拳が振り上げられる。 「誰か……っ……誰か助けてっ!!」 迷っている暇はなかった。
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!