第5話 同級生

1/4
2878人が本棚に入れています
本棚に追加
/396ページ

第5話 同級生

 二人の少年は、僕と校長先生の姿を見るなり、駆け寄ってきた。二人とも興味深そうに僕を見ている。 「その人も、僕たちの同級生ですか」  少年のうちの一人が聞いた。背が高く、眼鏡をかけている。 「ええ。即死魔道士のキルルさんです。仲良くしてあげてくださいね」  校長先生が僕を二人に紹介した。僕は軽く会釈した。やはり、同級生という存在は緊張する。 「即死魔道士、と言いますと?」  眼鏡の少年が続けて尋ねた。 「名の通り、相手を即死させる魔法が使える魔道士です」 「ええ……それはすごい」  もう一人の少年が言った。この少年は緑色の髪でとても穏やかそうな顔をしている。  それにしても、同世代の子に「すごい」なんて初めて言われた。やっぱりここではいきなり無能扱いは免れそうだ。僕は少しホッとした。 「キルルさん、こちらは複合魔道士のポールトーマスくんです。」 「ポールトーマスです。よろしく。」 「複合魔道士というのは、二種類以上の魔法を組み合わせて新しい魔法を生み出す魔道士です。」 複合魔道士ポールトーマスは会釈した。眼鏡をかけている方の少年だ。背が高く、賢そうで年上に見える。髪は黒で、左目が黄色、右目が青色のオッドアイだ。深緑のローブを着ている。すでに優秀な魔道士の雰囲気がする。 「こちらは、音楽魔道士のカランドさんです」 「よろしくね」 「音楽魔道士は、音楽を奏でることで相手を眠らせたり、騒音でダメージを与える魔法を使います」  音楽魔道士カランドは、髪が緑色の方だ。仕立ての良さそうなスーツを着ていて、音符のブローチを胸元につけていた。いかにも音楽家という感じだった。
/396ページ

最初のコメントを投稿しよう!