第一章

1/9
118人が本棚に入れています
本棚に追加
/185ページ

第一章

 4月2日朝、沢泉準警視は、理事官の合田の部屋にいた。  「沢泉君、管理官としての初仕事としてはちょっと難しいかもしれないが、君への期待も込めてのことと思ってがんばってくれたまえ」 「はい。精一杯がんばります」 直立不動の沢泉は、緊張気味に返事をした。 「ところで、君 城北の犯罪学部だったね?」 「はい」 最終学歴は東大大学院だが、大学は城北大学である。 「神宮路(じんぐうじ)先生と(かえで)先生には警察も何かとお世話になっている。まあ、警察の身内みたいなものだ。捜査情報がマスコミなどに漏れる心配もない。困ったことがあったら相談してもいいよ」 「はあ、それは難しいかと」 沢泉は正直に言った。 「なぜだね?」 「神宮路先生とは、ここのところ疎遠(そえん)ですし」  神宮路は、「官憲嫌い」である。 それでも、警察から「なんとかお願いします」と頼まれれば、渋々 警察学校で講義をする くらいの協力はしている。 その教え子第一期生である沢泉は、東大の大学院を経て「官憲」それも「キャリア」となったのだ。  教授の怒りは想像できる。もう同窓会にも行けない、と沢泉は腹をくくっていた。  しかし、それは言えないので、ごまかした。
/185ページ

最初のコメントを投稿しよう!