カレーライス

1/3
7020人が本棚に入れています
本棚に追加
/242

カレーライス

お正月気分も抜けて、仕事内容も通常業務の繰り返しになった頃、私は休みをとって彼の部屋を訪ねていた。 とはいえ、彼は特別顧客の呉服展示会があり、一緒に休むことは叶わなかった。 氷室さんからの『チキンカレーが食べたい』とのリクエストに応えて、夕方から食材を買い込みキッチンに立っていた。 「カレーが食べたいんだって・・・ふふ。」 私は独り言を言いながら、笑いを堪えきれずにいた。 私がこの部屋に来るようになって、少しずつこのキッチンが様変わりしている。 お揃いのカップを買ってくれたのが始まり。 茶碗やお皿は2つずつ、大きさの違う鍋、ボールやザル、フライ返しやピーラーに至るまで買い揃えてくれた彼。 そのわりに、食べたいものを訊ねると「ハンバーグ」「オムライス」「カレー」ばかりで、肩透かしにあっているようだ。 せっかく調理器具をいろいろ買ったのに カレーが食べたいんだなんて・・・ ふふっ、子供みたい・・・ 氷室さんは全く料理をしない。 毎日の食事は、外食かスーパーの惣菜ですませていた。 お米を炊くことと、カップラーメンのお湯を沸かすこと以外はキッチンを使用しないそうで、だからこそ食べたいものを訊かれても頭にメニューが思い浮かばないと言う。 彼の喜ぶ顔を想像しながら、私はカレーとサラダを作り終え、相変わらず掃除が行き届いた部屋で一息ついた。 ソファの下のラグに座って白い壁に目をやり、少しぼんやりとする。 このお部屋、やっぱり落ち着く・・・ 氷室さんがいなくても氷室さんを感じるし・・・
/242

最初のコメントを投稿しよう!