幸せになれる理由

1/3
7044人が本棚に入れています
本棚に追加
/242

幸せになれる理由

「お父さんとお母さんに、話があるの。」 茶の間のコタツでテレビを観ていた両親のところへ行き、私は正座して切り出した。 氷室さんから結婚を申し込まれ、それを受けたことをやはり両親には早目に言っておくべき、と思っていた。 父と母は私のただならぬ様子にすぐ気付いて、テレビの音量を下げながら向かいあう。 「ユリちゃん、どうしたの?」 「あの・・・・元旦に、彼と初日の出を見に行ったでしょう?・・・」 「はいはい、彼って、氷室さんね?」 「うん。その時氷室さんから・・・これをいただいたの。」 両親がいるコタツの上に、氷室さんからもらった指輪の箱を開けて、中の指輪が見えるように差し出した。 「えーっ!ユリちゃん!これ、婚約指輪?」 「うん。」 「・・・プロポーズされたの?」 「・・・そういうことなの。お父さんとお母さんに、まず言っておきたくて・・・。」 「わぁーっ!良かったね、ユリちゃん!」 母は手を叩いて大きな声をあげて喜んでいる。その横で父は、じっと私の顔を見て黙っていた。
/242

最初のコメントを投稿しよう!