電話の声

1/3
7020人が本棚に入れています
本棚に追加
/242

電話の声

『そう・・・ご両親に言ってくれたんだ。』 「はい・・・・。」 自分の部屋で、氷室さんに電話をしていた。 その姿は見えないけれど携帯ごしの、優しい声に酔いしれる。 さっき両親へ、氷室さんと私の二人に結婚の意志があることを伝えた。 おそらく反対はされないだろうと思っていたけれど、両親の反応はその想像を越えて、娘の私に対する深い愛情が感じられるものだった。 嬉しくて、ありがたくて、尊くて、私は涙が止まらなかった。 『そうか・・・』 「・・・はい。わかってくれました。」 『あーあ。』 「・・・・・?」 『俺・・・もっと頑張んねぇとなぁ・・・』 「そんな・・・氷室さんは今のままで充分ですよ?」 『いや、まだまだだよ。・・・そんな大事な娘を俺はもらうんだ。いつかユリの両親に、自慢してもらえるくらいの男じゃないとな。』 「・・・・・・。」 『コイツに娘を嫁がせて良かったと・・・思ってもらえるようになりたいよ。』 「氷室さん・・・」
/242

最初のコメントを投稿しよう!