閑話:あやかしの夏

1/48
903人が本棚に入れています
本棚に追加
/191ページ

閑話:あやかしの夏

 ――いつも青白い顔をしていた母。  俺の記憶の中にある母は、大抵、がらんとした十二畳ほどの和室のど真ん中に敷かれた布団の上で、長い黒髪を(くしけず)っている。  ぬばたまの髪は、櫛を通す度に艶やかさを増し、母の美しいかんばせを彩る。  普段は表情が読めない母は、この時ばかりは穏やかな表情を浮かべている。  幼かった俺は、手元の積み木で遊ぶのも忘れ、その様子をじっと見つめていた。  母は、そんな俺に気がつくと、優しげに目を細める。珍しい母の表情に、嬉しくなってへらりと笑みを返すと、途端に母は表情を険しくした。  そして、酷く細い腕で俺に手招きをする。そして近寄ってきた俺を、優しく抱きしめた。 「……外では、笑っては駄目よ」 「どうして?」 「あなたが不幸になってしまうからよ」 「……?」  ――あらゆる感情を殺しなさい。どの感情も、あなたが生きるのに必要はない。  母は、俺に常日頃からそう言い聞かせていた。  犬神憑きの家系に、感情はご法度なのだと。喜怒哀楽――どの感情が「嫉妬」に結びつくかわからないのだから。     
/191ページ

最初のコメントを投稿しよう!