プロローグ

1/2
1228人が本棚に入れています
本棚に追加
/250ページ

プロローグ

彼の指先が触れた瞬間、電気が走った。 性的な雰囲気なんてまるでない、ごく普通の接触。 それなのに。感電したみたいに首筋から背中にかけてなにかがびりりと走り、体全部の細胞が一気に泡立つようで、思わず喉を鳴らしてしまった。 それから彼の手をみるだけでおかしくなった。それまで彼のことを男として意識したことなんかなかったのに。 確かにいい人だとは思ってた。見た目だってちょっと年はいってるけど悪くない。というか私が気づかなかっただけで結構いい、のかも。 業界では有名人なのに、そんなこと知ったこっちゃない、といわんばかりの人なつっこい笑顔。ふいに仕事モードに切り換えたときに見せる、強い光を帯びた切れ長の瞳。俯いたときの顎の綺麗なライン。柔らかそうな茶色の髪の毛。 中身だってそう。
/250ページ

最初のコメントを投稿しよう!