星のふるさと

今夜もまた、星が降っています。

1 13

3分 (1,757文字)
短編に挑戦してみたかったのです。

あらすじ

常夜の国、星の降る里には、今夜も星が降っています。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

しんとした夜、声に出して読みたい。 できたら愛する人の枕元で読み聞かせたい。 または深夜3時のベイFMで、いい声のナビゲーターさんに優しく朗読してほしい。 これは読むプラネタリウムなのです。
不思議な世界観が素敵な作品ですね^^ 流星群、星の描写が幻想的で綺麗で、惹き込まれました! ラストの終わり方も素敵でした。 イベントご参加、ありがとうございました!

その他情報

公開日 2019/1/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る