1/1
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ

空白の剣に押し潰されそうになるのを、俺はあとどれだけ耐えればいいのか? そうだ。 新しい時代とやらに、俺の誇りは掻き消された。 新しい時代とやらに、俺の未来は打ち砕かれた。 新しい時代とやらに……、 なのに……、 途絶えたはずの理由を、未練がましく抱えているのは何故だ? 「……全ては魔法が悪いのだ……」 ふと、闇の中から声がする。 幻聴とは知っていた。 だが、それはあの男の声の形をしながら、俺の心に染み入ってくる。 「……元凶たるはブラン王……」 闇に相応しいゾッとする声。 けれど、 「……オマエにブラン王を殺してもらいたい……」 心が震えているのは、恐怖ではなかった。 それは、きっと……。 握りしめた魔法石は、ただただ、殺意の感触がした。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!