1/1
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ

クロムの一件があって数日後のこと。 ガウィンは久方ぶりに王都を訪れていた。 理由はない。 新時代と向き合って、クロムの感傷に浸りたかったのかもしれない。 そうして街をブラブラとしていると、ふと、子供達が戦遊びをやっているのが目に入ってきた。 よくよく見れば、やはり魔法師役が人気のようだ。 俺が子供の頃は、こぞって剣士役を争ったものだが……。 そんなことを思って眺めていると、ふと、剣士役の子供が数人の魔法師役に囲まれて、転んで泣いた。 ガウィンは歯噛みする。 すると、次の瞬間、子供は立ち上がり、涙を拭い、また魔法師役へと向かっていったのが見えた。 あの子供は何を思って、剣士役をやっているのだろうか? 何を信じて立ち上がるのだろうか? ガウィンはいつしかそんな疑問に取り憑かれて、ジッと子供を見つめていた。 新しい時代。 剣が廃れていくことは、もう間違いがない。 それでもきっと、そこには新たなる剣の意味が生まれてくるはずだ。 それが何かは、今のガウィンにはわからなかった。 けれど、きっと、 ガウィンやクロムの目指したものは、憎しみにまかせた王の暗殺などではなく、そういうものだったのだと……。 ああ、 あの剣士役の子供が、ガウィンにはとても強く見える。 (了)
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!