3年前・変遷

1/4
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ

3年前・変遷

その日。 隣国が再び攻めてきたとの報せを受けて、ブランの剣士隊は国境の砦に構えていた。 「ガウィン。ジッと敵陣の逆を見つめてどうした?」 そんな風にクロムから声をかけられ、ガウィンはハッとした。 王都の凱旋の歓声を思い出していた。 人を斬る前に、人を斬る意味を心に刻み込んでいたためにだ。 だが、それを言葉にするのは気恥かしいものがある。 「何でもねェ」 と、ガウィンはクロムを突っぱねる。 その時、物見櫓の上から声が響いた。 ガウィンとクロムは急ぎ、城壁の上に登る。 すると国境の向こう側に敵の大群が見えた。 「……来やがった……」 ガウィンはそっと腰の剣に触れた。 攻城兵器、弓隊、槍隊、それに投石器も見える。 なかなかの大軍であった。 生きて、再びあの歓声を聞くことはできないかもしれない。 剣に添えてある手が、自然と震えている。 「行くぞッ」 友の叫びに、 「応ッ」 とだけ、ガウィンは答えた。 震えは力任せに拳を握って止めた。 その時だった。 「見苦しい。どいていろ」 そう言って城壁の上に登ってくる影がある。 誰だ? ガウィンが見れば、ぞろぞろと祭事礼装姿の集団が現れ、それが一糸乱れぬ動きで横並びに広がっていく。     
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!