2年前・混迷

1/1
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ

2年前・混迷

いつしか、魔法は剣に代わって、戦いの華となった。 圧倒的な破壊力。 それにより、ブランは周辺の国々を次々と制圧していったのである。 大衆はすでに剣士に対して一切の感謝もない。 感謝が向けられるのは魔法師だけだ。 戦に呼ばれる機会も減った。 それでも、剣は握らねばならない。 魔法隊が北への遠征に出たその日、ガウィンは修練場に立ち、剣に見立てた丸太棒を振るっていた。 一心不乱だった。 ただ、丸太棒を振るい続けた。 最近ではどうにも剣が軽く思えて仕方ない。 「ガウィン」 呼ばれて、ガウィンは丸太を下に置く。 振り返れば立っていたのはクロムだった。 「ずいぶんと思い詰めた顔をしているな」 クロムに言われて、ガウィンは何も答えなかった。 ガウィンは汗だくの服を脱ぎ捨てる。 上半身を顕わにして、修練場のはじに置かれていた木剣を二本拾った。 一本は自分で握り、 そしてもう一本はクロムへと放り投げた。 木剣を受け取ったクロムは、ガウィンの心持を察したのだろう。 静かに深呼吸して木剣を構えた。 下段に剣を置く、揺れる波のようなリズムの構え。 その精錬された構えからは、クロムの血のにじむような鍛錬が、痛いほどに窺えた。 対するガウィンはどうだ。 剣が軽い。 まるですぐに折れてしまいそうだ。 足がふらついて、立ち位置がおぼつかないのだ。 溜息を飲み込んで、ガウィンはクロムに向き合った。 ……クロムは何を思って今の時代に剣を振るうのか……? ……そして、俺は……?
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!