一 山荘にて
全1/5エピソード・完結
1/22

一 山荘にて

 山荘の窓のむこうで二度目の落雷があったあと、雨が激しくなった。  雨音がガラスを叩く音を引き裂いて、氏家達子がうめき声をあげる。  客たちはいっせいに、ダイニングテーブルのそばに立っていた達子へ視線をむける。  たった今まで場の空気をつかんでいたのは、バレンタイン・パーティの座興にと、トランペットの独奏を披露していた柴田幹彦だった。  幹彦が楽器から口をはなすのと、達子が苦悶にのどをかきむしり、半身を屈伸させ、獣じみたうめき声をあげるのが同時だった。 「達子、どうしたのよ」  氏家達子のモデル時代からの旧友、原静江がワイングラスを持ったまま、一歩近づいた。 「奥さま、いったい……?」  キッチンから物音を聞きつけ、家政婦の遠山かながあわてた足取りで駆けつける。  テーブルの上にはすでに、ローストビーフや果物を盛り付けた銀の皿や、サンドイッチ、キャビアなどが所狭しとおかれていた。
1/22