1

1/3
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/41

1

1週間ぶりに腰掛けたパイプ椅子から天井を見上げると、前と変わらず張り巡らされた鉄骨にバレーボールが2個ほど挟まっていた。 体育館にひしめき合う生徒。 ステージ側から見て手前が1年。 私は1組女子なので先頭から2番目だ。 それから間隔を空けて2年と3年が座っている。 1クラスに40人が5クラス。 それが3学年だから……600人? 大の人混み嫌いだということを思い出し頭の中で首を振る。 周辺を見渡せば隣同士で和気あいあいと話す者、読書をする者、教師の目を盗んでスマホを操作する者がいる。 ザワザワザワと言葉に表現出来ないものが耳にこびりつく。 昔伯父に連れていかれたパチンコ店内の喧騒を希釈したような。 音という概念をなくした集合体が洪水となって私を飲み込んでいく錯覚に陥る。 テレパシーで交信できたら……なんて浅はかな想像をしてみたり。 気持ち悪い。 フォーーーーン 「はい。時間となりましたので始めさせていただきます。」 軽いハウリングのあとに指導担当らしき教師の発言が備え付けのスピーカーから流れる。 生徒全員口を閉ざし、その瞬間私の不快感がピタリとなくなる。 「ただいまより、新入生歓迎会を開催致します。まず始めに校長あいさつ。校長先生お願いします。」 よくある段取りの校長の話を斜め聞きしながら、この高校のことを改めて考える。 私立らしく外観と内装は綺麗で母親曰く「お城みたい」だそうだ。 いやいやいや、それは大袈裟すぎる。 中堅企業のサラリーマンの父とパートタイマーの母、2歳年下の妹という平凡を絵に描いたような家庭に育った私。 中学の空気を受け入れられない思いを引きずりながら、どうにかして通っていたが中2の秋に耐えきれなくて玄関で泣き叫んだ。 当時の担任と相談し保健室登校を許可してくれたが 「閉じこもっていても何もならないだろ?」 その言葉で教師が大嫌いになった。 所詮他人事なんだ。面倒ごとに背を向けたくなる人間。 もう信頼なんかしない。 そっちがその気ならとことん抗ってやる。
/41

最初のコメントを投稿しよう!