3

1/5
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/41

3

始めに意識として捉えたのは布の感触だった。 そこそこ柔らかい敷布団とそこそこ暖かい掛け布団の間に身を委ねていた。 飾り程度の枕でもあるのとないのとではやっぱり違う。 ハッとして目を開けると知らない天井が……なんてどこかのアニメのネタを見たけどみんながみんな仰向けで寝てるとは限らないし、視覚の前にまず触覚なのだと経験をもってわかることもあるもんだ。 学校内でベッドがある場所といえば1つしかない。 保健室。 ほのかに消毒の匂いがする。 ゆっくり身体を起こすとまだ頭がふらつく。 「あの……誰かいますか……?」 朝以来会話をしていないのでかなり掠れていた。 正直寝ていたかったがベッド全体をグルッと1周させたカーテンで視界を遮られ、この世に取り残されたような気分が嫌だったのだ。 そもそもそういうためのカーテンだろ。と突っ込んでしまう。 静かなのが良かったり人がいないと寂しかったりめんどくさいな、人間は。 私の声に気づいたのか、白衣を着た40代くらいの女性養護教諭がカーテンを少し空けて顔を覗かせる。 「おはよう。気分どう?」 「あ、はい。すみません、お騒がせしました。」 「たぶん貧血かな。念のため親御さんに連絡するけど大丈夫?」 「そうですね。まだ頭が重いので助かります。」 「じゃあ、電話してくるね。ちょっと席はずすけどすぐ戻るよ。」 そう言うと先生はカーテンから顔を引きサッと隙間をなくすように閉じた。 また閉じ込められてしまったが、声をかけてもらった安心感で前ほどソワソワせずに済みそうだ。 頭を触ってみるとポニーテールがグシャグシャに乱れていた。 まとめたゴムを解き降ろした状態にする。 邪魔だから切ってもいいかな。 胸ポケットから取り出したスマホで時間を確認すると15時20分を示していた。 ほとんどの生徒が帰っているだろう。 アジフライ定食を食べ損ねてしまった……。 グゥウウウウ……とお腹が虚しく鳴る。 悔しいからこのあとお母さんにお惣菜で買ってもらおう。 軽く決心をして再びベッドに横になり目を閉じる。 そういえば私をここまでどうやって運んだのかな? 担架とか? ま、いいや、寝ようっと。 あとでお礼言わなくちゃな……。
/41

最初のコメントを投稿しよう!